SEO対策は出来ていますか。SEO対策の基本をここでCheek

これから始めるSEO対策

すぐに実践、具体的なSEO対策

内部対策

h1タグを最適化する

見出しを付ける上でh1タグと言うのはとても重要なものになります。

なかには、検索エンジンは見だしタグをそれほど重要視をしていないのではないかと言う意見もあるのですが、はっきりはしていないので、やっていて損をする事はないでしょう。
また、サイトを見る人も見やすくなりますしね

ページの中で、重要視させたいキーワードに付ける為にも、見出しのタグは使った方がいいと思います。

HTMLソースでは

<h1>h1タグを最適化する</h1>

h1タグの重要な所

●<body>の中の上に付ける
●キーワードを前の方に入れる
●キーワードはあまり多くしない
●単文などにする
●他のページと同じにしない
●見る人にわかりやすいようにする

h2〜h6のタグ

ページの必要に合わせて、この見出しタグを使っていきます。h2とかh3もキーワードと絡めていくのがいいのですが、h○タグは小見出し的な存在となりますので、キーワードを絡める事だけを考えるのではなく、サイトを見る人の事を考えて決めるようにしましょう。

h5とかh6は無理に使う必要はありません。そんなに多くの小見出しがあるのでしたら、ページを分けた方がSEO的には効果がいいでしょう。

使用する回数とその順序

h1タグは大見出しとなりますので、1ページにつき1回しかつかいません。
h2タグは回数は決まっていないのですが、あまり使い過ぎもわるいでしょう。
h3以降は必要に応じて使用していくのですが、h2と同じようにあまり使いすぎないようにしたほうがいいでしょう。

並べる順番ですが、h1の次にh2、h2の次にh3と順番は決まっています。
小見出しの後に大見出しが来たらおかしいですからね。必ずこの順番は守るようにしましょう。

見出しタグの大きさと、飾り

見出しタグと言うのは、大きさなどが決まっています。そのままで使うと、上下なでに余分な余白が出来てしまいます。これでは見栄えが良くないので、良くする為にcssを使って、整えていきます。

このサイトのh2タグを例に見てみましょう。

h2{background-image:url(../img/komi.gif);
  margin-left:4px;
  padding:2px 0px 2px 40px;
  color:#FFFFFF;
  font-size:130%;
  font-weight:bold;
  width:390px
  }

文字を飾る時は、スパムにも注意する

文字の大きさが小さすぎたり、背景と同じ色や近い色にしてしまうと、検索エンジンからペナルティを与えられてしまいます。cssで加工をやったとしても、検索エンジンには簡単にバレてしまいますので、文字を飾るのは、サイトを見る人が見やすいようにする為に使用するようにしましょう。

h1とかh2の文字の大きさをcssで小さくしてしまうと、その行為だけでスパムになってしまうと言う意見もあったりします。しかし、1ピクセルとか2ピクセルなどの極端な小ささにさえしなければ、スパムにはなりませんので、大丈夫です。10ピクセルぐらいの大きさなら全然心配する事はありません。

見出しに画像を使う

h1とかh2の見出しを文字ではなく、画像を使う事もできます。

この場合、altにあるキーワードがh1やh2となってきます。見た目はただの画像ですので、自分のすきなように、文字の形を変えたり、色を付けたりできまtすので、ページの見た目がかなりよくなります。
しかし、テキストだけを使ってh1を使用した場合に比べると、検索エンジンから見た評価は低くなってしまいます。

 

▲ページトップ

 

SEO対策を知る

具体的なSEO対策

ホームページリンク
タイトルタグを最適化する
見出しタグを最適化する
SEO対策で出てくるスパムについて
SEO対策ではスパムに気を付けろ1
SEO対策ではスパムに気を付けろ2
その他
お問い合わせ
リンク集
ホーム

リンクについて

当サイトはリンクフリーとなっています。どなた様もお気軽にリンクを張って下さい。尚、バナーをご利用の方は下のバナーをご利用下さい。
リンクの際にご連絡などは不要です

これからはじめるSEO対策のバナー

Copyright (C) 2008 これから始めるSEO対策 All Rights Reserved